コラーゲンは関節の痛みの改善に効果的

コラーゲンサプリメントを飲むと、関節に健康効果を発揮します。
なぜ良いのかというと、軟骨はコラーゲンが主要成分で20%を
占めています。

 

また、グルコサミンなど軟骨に含まれる成分の安定にも関わるため、
正しく形成させる作用に期待することができます。

 

正しく軟骨が形成されるお陰でしっかりとクッションとして働き
関節を衝撃から守る効果を発揮してくれるのです。

 

年齢を重ねるごとに軟骨成分は減少していくため、
コラーゲンサプリメントなどで足りない分を補充していくのが
良いと言われています。

 

変形性関節症、リウマチには非変形性2型コラーゲンが
軟骨の破壊や炎症を抑えて改善効果を発揮するとされています。

 

体内のものと類似した構造で、製法段階で構造が破壊されていない
ものを使用するため摂取し続けると免疫細胞が必要なものである
とし、軟骨への攻撃を押さえ込めます。

 

膝の痛みを歳のせいだからと諦めていませんか?
関節の痛みはコラーゲンサプリメントを取り入れることで
改善、予防していくことができます。

授乳中にコラーゲンサプリメントを飲んでも平気?

コラーゲンサプリメントは授乳中でも飲んで大丈夫なのでしょうか。
赤ちゃんにお乳をあげる期間は様々な栄養に気を遣いますよね。

 

コラーゲン自体は何の問題もないのですが、中には避けたいサプリメント
もあるので注意が必要です。

 

授乳中にはあまりよくない成分としては、大豆イソフラボンが
あります。
美容に良い成分なので、一緒に配合されていることが
よくあるんです。

 

では、なぜ赤ちゃんによくないのかと言うと動物実験による
結果で大豆イソフラボンを過剰に摂取した結果、胎児や新生児の
生殖器官に良くないことがわかったのです。

 

まだ人間への影響は良く分かっていないそうですが、
大豆イソフラボンを授乳中に摂取するのはすすめられていないので
万が一を考え避けましょう。

 

コラーゲンサプリメントを飲みたい場合には、成分表をよく読み
大豆イソフラボンが配合されていないものを選んで下さい。

 

また、もし薬を飲んでいたら飲み合わせなどが心配ですから
まずは医師に相談をして下さい。

 

赤ちゃんの健康に問題を起こさないよう、コラーゲンサプリメントを
飲む前にはよく安全確認をしてくださいね。

更新履歴